1. お米を計る
    • お米計量

      計量カップを使って正確に量ります。単純なことですが、きちんと量る事は一番重要です。

  2. 洗米
    • お米を洗う

      まず一気に水を注いで2~3回手早くかき回し すぐ水を捨てます。次に指を広げてお米に差込み30~50回程度を目安に軽く混ぜるようにして研ぎます。白く濁った水が出てきたら水を勢いよく加えては捨て 2~3回繰り返します。

  3. 浸水
    • お米を水につける

      美味しくふっくらしたご飯を炊くには、お米に十分 水を吸わせましょう。夏場なら30分ほど 水の冷たい冬場は2時間以上水に浸しましょう。

  4. 水加減
    • 水加減

      水量は炊飯器の目盛りで計りますが、正確にはお米の重量の1.25倍が基本と言われています。(例 米三合(450g)の場合水562.5CC)ただし新米は少なめに、古米は少し多めにすることにより美味しく炊き上がります。通常は炊飯器の目盛りで正確にお願いします。

  5. 蒸らす
    • 蒸らす

      炊き上がったら10~15分程度蒸らします。途中で蓋を開けるのは厳禁です。我慢して待ちましょう。

  6. ほぐす
    • ほぐす

      ぬらしたしゃもじを内釜の壁に沿うようにして入れ底から上下を入れ替えるようにして手早くまぜます。ごはんをこねないで、切るようにしてまぜるのがポイントです。