魚沼産コシヒカリ農家 魚沼の米.com

魚沼産コシヒカリ農家 魚沼の米.com

魚沼の米.comへようこそ

魚沼の米.comは、新潟県南魚沼市にて魚沼産コシヒカリを作っている専業農家です。安心・安全で美味しい「本物の」魚沼産コシヒカリをお届けしようとインターネット販売をしています。

「美味しいお米を食べるなら、農家から直接買うのがよい」と言う宣伝文句を聞くことが多々ありますが、これもまんざら嘘ではないと思います。私自身農家ですので、「その通り」なんて言うとそんなことをいって魚沼産コシヒカリを販売しようと思われるかもしれませんが、あえて言わせてもらうなら、我が魚沼の米.comに限らず、美味しいお米をお求めなら、お気に入りの信頼できる農家からのご購入をお勧めします。

「なぜなら」と私が言わずとも皆さんお分かりのことと思いますが、流通の過程で混ざってしまうから、これは不正な行為ということではなく 一つのブランド名で売られているお米でも広い地域で作られているわけで、肥沃な田んぼ、やせた田んぼ、美味しさにこだわって作っている農家、そうでもなく漠然と作っている農家、多くの農家の多くの田んぼの米が混ざって一つの商品となっているのです。

どのブランドも一定の基準を設けているので、不味いということはないですが大量に販売するということは、違う田んぼの米が混ざり合う平均的な美味しさとなるといえます。

お米のように、あまりハッキリした味のない物は余計にチョットした違いが美味しさに関係してきます。

混ざるという点で、農家から直接買った方が良いと言うのがまんざら嘘ではないと感じてもらえましたでしょうか。

もう少し稲作農家の立場から言わせてもらうと、「今年は、あの田んぼとあの田んぼは、いまいちだな」とか、稲刈り時期には、田んぼの良し悪しをみて、刈取り乾燥を別にしたりするものです。しかしながら規模の大小によって、できないところもあり、いい悪いなしに一度に刈ってしまうということで、一つの農家でも良い米とそうでもない米が混じるということがあります。

そこで「信頼できる」農家かどうかということが重要になってきますが「信頼」=「長いお付き合いが必要」ですので、なかなか難しいことであると思いますが、「美味しく・安心して食べられる」お米をお求めなら信頼できる生産農家を探してみてはいかがでしょうか?

その「信頼できる農家」の候補の一つに、魚沼の米.comを加えてみていただければ幸いです。

我が魚沼の米.comは、家族でやっている小規模農家ですので、できることは限られていますが、お客様に安心して美味しい魚沼産コシヒカリをお届けできるように日々作業しています。

この機会にぜひ我が家のコシヒカリお試しください。

魚沼産コシヒカリ炊き立て

魚沼産コシヒカリ炊きたて

わが家で取れた魚沼産コシヒカリです。炊き上がりの色、つや、香りも届きますか?是非、一度食べて頂きたい。一口食べれば、そのもっちりとした食感、そして噛みしめた時にほのかに感じる甘み「うまい!!」そう感じていただけると思います。炊き立てはもちろん、冷めてからでも抜群の美味しさです。

魚沼の米.com 我家のコシヒカリ美味しさの理由

最高の生産地、新潟県南魚沼、塩沢産

魚沼産コシヒカリという名で売られているお米にも美味しさに違いがあります。美味しさの条件で、生産者の努力では、どうすることもできないものが、生産地なのです。

播種の状態から精米まで、わが家で行う完全自家栽培

わが家では種籾から苗を作り、田植えから稲刈りすべての作業を行います。単一農家で生産された魚沼産コシヒカリですので、高品質なこしひかりをご提供できます。

生産農家(わが家)よりお客様へ直送

ご注文頂いた魚沼産コシヒカリは、わが家よりお客様へお届けになりますので中間業者による、他銘柄、他産地米、などの混入の心配などが無く100%本物の魚沼産コシヒカリをお届けできます。

注文を受けてから精米、新鮮な美味しさを、すぐ発送

魚沼産コシヒカリをご注文いただきますと、お客様のご希望お届け日を考慮に入れまして、精米を行い新鮮で美味しいコシヒカリをお召し上がりいただけます。

魚沼産コシヒカリ美味しさの理由

▼最新 魚沼の米ニュース

2016 追肥完了

追肥 始めました。我が家のコシヒカリ追肥は、慣行栽培米はケイ酸カリプレミア 減農薬米は魚沼ロマングルメエースを・・・

2016溝切り

今年も溝切り始めました。 溝切りはタイミング 田んぼが柔らかくても硬くてもダメ、きちんとした溝を楽につけたいの・・・

2016田植え

今年の田植えは晴天続き順調なのはいいのですが、日焼けで真っ黒です。

2015 魚沼産コシヒカリ予約開始

お待たせしました。本年も魚沼産コシヒカリ新米予約開始します。 お盆までは、暑い日が続き高温での品質の低下を心配・・・

2015出穂

今年も出穂始まりました。まだまだ緑色ですがこれから養分を蓄えて黄金色になります。

2015 穂肥え

穂肥えの時期となりました。幼穂で判断していますが、田んぼの場所場所で、成長に違いがあり毎年のことながら迷います・・・

追肥に時期になりました

追肥に時期です。今年は少し早目ですが、撒き始めます。耕作面積が増えると一度に撒いて「はい、終わり」というわけに・・・

2015中干し開始

2015年も早いもので中干し時期となりました。今の所、稲の生育も順調で少し葉色が濃いようです。毎年秋に撒いてい・・・

ページトップへ